多肉植物の冬越しは屋外でも大丈夫?越冬の際の寒冷地での注意点は?

多肉植物冬越し

多肉植物を育てているお客様から、「冬の時期に枯れてしまう。」といった話をよく伺います。

多肉植物を育てる際に、冬の季節の管理は大変重要なポイントです。春以降に丈夫で元気に育てるためには、冬場も適切な場所や管理が必要となります。

今回は、多肉植物の冬越しの方法について寒冷地の場合も含めてご紹介します。

スポンサードリンク

多肉植物の冬越しは屋外でも大丈夫?

多肉植物は、他の草花などよりも「枯れにくい」という点で、管理も比較的楽チンだと思われがちですが、それは大きな間違いです。

多肉植物と言えど、上手にしっかりとした株にしたり、元気に育てるには、季節にあったお手入れやケアが必要です。

特に、多肉植物の多くは、雨が少なく乾燥した気候を原産地とする品種が多いため、日本の冬の時期などは、いつも以上の細やかなケアを必要とします。

多肉植物のタイプによっては、気温の下がる時期に生育する品種もありますが、一般的には冬の低温の時期の活動は緩やかなものがほとんどです。

これから冬の季節を迎える前に、適切な冬越しの方法をしっかりと理解し、冬のダメージを極力最小限に抑え、元気に春以降の成育を楽しめるよう心掛けましょう!

多肉植物は冬の季節に屋外でも大丈夫?

多肉植物と言っても、品種も多様です。多肉植物は、品種の中でも「夏型」、「春秋型」、「冬型」など大きく3つのタイプに分けられます。

このなかの「冬型」に分類される品種は、蒸し暑さが苦手で秋に開花するものが多く、夏の時期に休眠し、気温の下がる時期に生育するタイプのものを言い、比較的寒い季節にも強いとされます。

ですが、多肉植物の原産のほとんどが、砂漠や海岸のような乾燥地帯に生育するものが多いことを特徴とするように、冬型と言っても、真冬の時期などは室内に移動させるほうが安心です。

特に霜や雪にあたるのはNGですので、心配な場合は、冬の季節は屋外よりも室内にて管理する方がよいでしょう。

スポンサードリンク

多肉植物の越冬の注意点 寒冷地では?

多肉植物を越冬させる時に注意するポイントは、「霜や雪に当てず、凍らないように管理すること」です。

日本でも、基本的に関東地方より西の平地などであれば屋外であってもそれらに注意すれば屋外での越冬も可能です。

でも、もし心配であれば冬の季節は室内に移動するのがおすすめです。

冬の多肉植物の管理のポイント!~室内編~

基本的に昼間などは日の当たる窓辺などに置くのが理想的です。冬の季節は日照時間も限られます。日中は、できる限り日光が当たる場所に置いてあげてください。

そして日が落ちて夜間になれば、窓辺などは気温が低いですので、窓辺から遠ざけてあげてください。

または、発泡スチロールや段ボールなどに入れたり、かぶせたりして冬の夜の気温の低下を防ぐことも有用です。

冬の季節は、室内ですと暖房機器などの利用も多くなります。暖房が効き過ぎた部屋もよくないので、その場合は、他の部屋に移動したり、暖房機器の影響を受けにくい環境を作ってあげましょう。

冬の多肉植物の管理のポイント!~ベランダ編~

耐寒性のある種類であれば、屋外での冬越しも可能ですが、基本的には冬の季節は室内での管理をオススメします。

でも、どうしても屋外での管理となる場合には、日中などはしっかりと日光に当ててあげて、夜間は、発泡スチロールや段ボールなどをかぶせたりして、霜や雪が当たることを防ぎましょう。

また、冬の水やりの回数を減らすことで、寒さに耐えられる状態にもなりますので、水やりは極限まで控えましょう。

冬の多肉植物の管理のポイント!~寒冷地編~

日本では、北海道、東北地方、信越地方を指すのが一般的ですが、寒冷地とは、冬の寒さが特に厳しい地域のことを言います。

この寒冷地では、日中の外気温が5度以下になってしまう場合には、「温室」などでの管理が最も理想的となります。

温室などがない場合などは、上記にもあるように、水やりを極力控え、寒さに耐える状況を作ってあげたり、室内で管理しながら、発泡スチロールや段ボールなどを上手に利用して、寒さを防ぎつつ、温度と湿度を一定に保てるよう管理することが大切です。

まとめ

多肉植物は、そのほとんどが寒い季節には弱りやすいものです。

ですが、しっかりと観察してあげて、ケアしてあげることで弱りやすい季節も上手に乗り越え、春以降また元気な息吹を見せてくれますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す