クリスマスに花のプレゼントでおすすめなもの&花言葉をご紹介

クリスマス花おすすめ
クリスマスが近づくとプレゼント用のお花を買い求めるお客様が多くなります。

大切な恋人や家族へ、それぞれの想いや感謝を込めて選ぶ姿は、毎年心温まる素敵な光景です。

この時期はお客様からも「クリスマスのプレゼントにおすすめなものは?」といった質問が多くなります。

そこで今回は、クリスマスならではのプレゼントにおすすめのお花とそれぞれの花言葉も合わせてご紹介します。

スポンサードリンク

クリスマスに花のプレゼントでおすすめなものは?

バラ

img01

プレゼントの王様!「花の女王!」と言えばやはり「バラ」ですね。
季節を問わず、大切なイベントなどでは圧倒的な人気でクリスマスシーズンは売り切れるところも多いお花です。
特に赤いバラはクリスマスカラーでもあるので人気が高いですが、最近では「白」や「ピンク」そして「青」などのバラも人気が高くなっています。

ご家庭用にミニバラの鉢植えを買い求めるお客様も多くいらっしゃって、恋人だけでなくすべての人に愛される美しい花です。

バラの花言葉は?

花の色によって花言葉も変わりますので、花言葉で選ぶのもいいかもしれませんね^^

●赤いバラ:「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」

●白いバラ:「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」

●ピンクのバラ:「しとやか」「上品」「感銘」

●青いバラ:「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」

黄色いバラの花言葉は「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」と言った感じですので、クリスマスで大事な人に送るなら黄色は避けた方がいいかもしれませんね。

ピンポンマム(ポンポンギク・ピンポンギク)

img02

ピンポンマムは、花がボール状にまんまるくピンポン玉のような形で咲く愛らしい種類のお花です。「マム」は菊の洋名で、キク科のお花なんです。お花屋さんなどでは、切り花として売られており、可愛らしいブーケやアレンジメントにしてもらうと喜ばれます。
クリスマス時期は、白色や赤色が人気です。

ピンポンマムの花言葉は?

●君を愛す

●高潔

●真実

●高貴

花言葉もとっても素敵ですね。キク科のお花ですので、和のブーケアレンジも楽しめたりして、工夫次第でオリジナルなプレゼントになります!

ポインセチア

img03

鮮やかな赤色と緑色のコントラストがまさにクリスマスカラーでもあるポインセチア。今やクリスマスの定番のお花でもあります。

やはり、クリスマス時期に映える鮮やかな赤色はみなさんに人気が高く「クリスマスフラワー」「クリスマススター」とも呼ばれ愛されています。

ほとんどが鉢植えで販売されており、上手に育ててあげれば毎年きれいに色づき花もつくので長年楽しめるお花でもあります。

ポインセチアの花言葉は?

●祝福

●幸運を祈る

●私の心は燃えている

●清純

●purity(清純)

●be of good cheer(元気を出しなさい)

ポインセチアがクリスマスに飾られるようになった歴史や育て方などの詳細は下記の記事もご参照ください。

>>>【関連記事】ポインセチアをクリスマスに飾る理由や花言葉は?クリスマス後はどうする?

スポンサードリンク

シクラメン

img04

クリスマスの定番と言えばポインセチアが有名ですが、同じ鉢植えのお花でおすすめなのが「シクラメン」です。寒さに強い品種で冬の花として愛されています。
また、シクラメンは、花の部分をやさしく包むように隙間なく茂る葉(リーフ)も、まるでエレガントな貴婦人のドレスのように魅力的で、全体的に可憐な姿を楽しませてくれるのも大きな魅力です。

色や種類も様々出回っていますので、相手のイメージに合うお花を選ぶのもいいかもしれませんね。

シクラメンの花言葉は?

●シクラメン全般の花言葉:「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」

●赤いシクラメン:「嫉妬」

●白いシクラメン:「清純」

●ピンクのシクラメン:「憧れ」「内気」「はにかみ」

「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」の花言葉は、雨から花粉を守るために下向きに咲くシクラメンの花が、恥らっているように見えることに由来します。

また、赤いシクラメンの「嫉妬」の花言葉は、そり返った花びらが炎のように見えることから、燃え上がる嫉妬心を連想したものといわれます。

シクラメンがクリスマスにおすすめな理由や育て方などの詳細は下記の記事もご参照ください。

>>>【関連記事】クリスマスの花にシクラメンがおすすめ?選び方や育て方のコツもご紹介!

クリスマスローズ

img05jpg

クリスマスの時期になると、バラのような白い花を咲かせることから名付けられた花で、うつむき加減に咲く花の姿から清楚さを、そして寒い季節に凛と咲く丈夫さからファンが多いお花でもあります。

鉢植えなどは、クリスマスシーズンだけでなく、上手に育てることで長く楽しめますのでおすすめです。

昔、イエス・キリストが誕生したときに、羊飼いたちと一緒にマデロンという少女が祝福に駆けつけました。貧しかったマデロンは自分には何も贈るものがないと泣いていると天使が舞い降り、地面に触れると、そこにクリスマスローズが現れ、マデロンはそれを摘んでキリストに捧げたという伝説のあるお花です。

クリスマスローズの花言葉は?

●いたわり

●追憶

●私を忘れないで

●私の不安を取り除いてください

●慰め

●スキャンダル

クリスマスローズの花言葉は、下向きに咲く花のイメージから連想されるものが多いのかもしれませんね。

そのなかでも毎年この花を見てきた私は「いたわり」という言葉がこの花にはピッタリな気がします。

うつむき加減に咲く花の姿から清楚さを、そして寒い季節に凛と咲くその姿が、「古き良き日本の女性」のように感じて大好きなお花のひとつです。

まとめ

お花はもらうととっても嬉しいものです。

クリスマスの時期、大切な人をイメージしながらお花選びのご参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す