多肉植物の水やりのタイミングは?量や方法など初心者でも上手に育てるコツは?

多肉植物水やり
先日、多肉植物を育てているお客様が「やっちゃいました!」と言ってやって来られたんですが、お話を聞いてみると、以前買われた多肉植物が枯れてしまったとのこと。

さらに状況を聞いていくと、どうやら「水の管理」に問題があることが判明しました。

水やりは植物を育てるうえで大事な作業ですが、多肉植物の場合、観葉植物や一般的な花苗と同じような感覚で水やりしてしまうと、失敗しやすいので注意が必要です。

今回は、初めて多肉植物にチャレンジする方は必見!の多肉植物の基本的な水やりの方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

多肉植物の水やりのタイミングは?

水やりの方法で初心者さんが一番悩まれるのが「タイミング」

特に多肉植物の場合は、普通の草花のように毎日水やりする必要がないぶん、その水やりをするタイミングがつかめないまま、枯らしてしまう方も多くいらっしゃいます。

ですが、そんなに難しく考えずいくつかのポイントを抑えていけば、初心者さんでも枯らすことなく多肉植物を育てられますので、最初にしっかり水やりの基本を覚えましょう。

多肉植物の水やりは控えめに

多肉植物の水やりの一番の基本は「水やりは控えめ」です。

「控えめ」とは、毎日あげる必要がないことでもあります。

多肉植物の特徴でもある、あの「ぷにぷに」とした肉厚の葉には、たっぷりと水が含まれています。ですので、土が乾いているからと言って水やりするのではなく、葉の状態を見て少し張りがなくなって元気がないかな?というぐらいになってから水やりするようにします。

初心者さんの場合は、「土が乾いたら水をあげる」というふうに覚えている方が多いのですが、土が乾燥した状態からしばらく葉の状態を観察してちょっと元気がなくなったくらいに水をあげるのがポイントなんです。

確かに土が乾いてしまっていると「大丈夫かな?」と思ってついつい水をあげてしまうものですが、多肉植物の場合は、そこでグッと我慢してしばらく見守ってあげるのが大切なんです。

多肉植物は、基本的に辛抱強いというか、乾燥したやせた土でも生育できるように自らを進化させてきた植物ですので、そこは、適した環境に人間のほうが合わせて付き合うのがコツでもあります。

多肉植物の水やりの量は?

基本的な水やりのタイミングが分かった後は、実際に水やり作業に入りますが、よく「水やりはたっぷりとあげましょう」といった説明がありますが、この「たっぷり」量ってどのぐらい?と言われる初心者さんも多いものです。

この「たっぷり」とは、植物の大きさや品種、栽培方法などによっても一概に「この分量!」とは言い切れないので「たっぷり」といった表現がされています。

スポンサードリンク

実際にどの程度の水の量を与えてあげればいいのかというと、「鉢底から水が流れ出れてくるまで」あげるようにしましょう。

水やりの目的は、植物にとって必要な水分を与えることもですが、「水を通して根から出る老廃物を流し、土の中に新鮮な空気を送り込む」という大きな目的もあるのです。

土の中には、植物にとって大事な根が育っています。根でも養分や水分を吸収するのですが、その根も生きているので呼吸をしています。水をたっぷり与えることで、土の中の空気が押し出されて、代わりに新しい水を通して新鮮な空気と入れ替わるため、根も呼吸が保たれ、健康に育ち、多肉植物全体がイキイキと元気に育つのです。

※水を与えたあとは、受け皿の水は捨てて、土が過湿になるのを防ぎましょう。

多肉植物の水やり方法など初心者でも上手に育てるコツは?

多肉植物の水やりのタイミングと量についてご紹介しましたが、初心者さんにも上手に水やりできる方法をご紹介するとともに、丈夫に育てられるようなコツをご紹介します。

生育期に合わせて水やりも変える

多肉植物は、基本的に生育期に水やりをしっかりしてあげて、休眠期は基本的に断水、または乾燥に弱い種類のものは月に1~2回程度「葉水」を与えるように管理します。

この休眠期に水やりを普通に行ってしまうために、根が腐ってしまい枯れてしまうことも多いので、多肉植物の場合は生育期に合わせて水やりを変えてあげることも上手に育てるコツです。

>>>生育期の確認など、多肉植物の種類別の基本的な管理方法はコチラ

上記の多肉植物の種類別の基本的な管理方法を参考に、休眠期を確認し、その時期は水やり方法を変えましょう。

特に休眠期は、水やりはいつも以上に控え、場合によっては断水状態でも構わないぐらいです。室内で管理している場合には、空気の乾燥なども考慮して「葉水」程度を与えるようにしましょう。

竹串などを利用する

水やりのタイミングが分かりにくい場合には、鉢の土に竹串をさしておき、ときどき抜いて土の湿り具合を確認して水やり方法も初心者さんにはおすすめの方法です。

特に水やりが必要な生育期には、竹串が8割程度乾いた状態で水やりするといいですよ。

葉に水がかからないように注意する

葉に水滴がつくと葉やけを起こすこともあります。

また、株全体に水をかけてしまうと、ハオルチアのようなロゼットになるタイプは真ん中に水がたまってしまうことがあります。気温が低い時期などは、たまった水が乾かず、そこから株が腐ってしまうこともあるので、水やりは水が葉にかからないようにしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

多肉植物は人気があるので、挑戦する方も多くいらっしゃるんですが、枯らしてしまう方も多いものです。

その枯らしてしまう原因の多くが水の管理ですので、育て始める際にしっかりと多肉植物の水やりの基本を理解して育ててあげてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す