ガーデニングの秋苗でおすすめなのは?初心者でも育てやすいのは?

グリーンアイス

夏の暑さも過ぎて、過ごしやすい季節になってきた秋。

秋は、春夏に比べて気温が安定しているのでガーデニングなどの土いじりには向いている季節なんですよ。

真っ青な秋空の下の土いじりは、気持ちいいものです^^

またこの時期には、秋に植える花苗も出回ってきます。

今回は、秋に出回る花苗で初心者でも育てやすいおすすめのものをご紹介します。

スポンサードリンク

ガーデニングで秋苗は?

夏の暑い季節を過ぎて、過ごしやすい秋の季節を迎えると、冬の準備とともに、来年の春の植物を準備します。

この時期になると、お客様からも「秋に植えるとよい花の種や苗は何ですか?」という質問が多くなります。

秋に植えるとよい植物のなかには、寒い冬にじっと耐え春に花咲くものや、寒さに強冬の時期にも元気に育つものなど、実はたくさんおすすめなものがあるんです。

ガーデニングや園芸のイメージは春先から夏前というイメージをお持ちの方が多いのか、ガーデニング初心者のお客様とお話ししていると驚かれる方が結構多いんですよ^^

また、初心者さんならではの「初心者でも簡単に育てられるものは?」といったお問い合わせも多いので、今回は、来年の春に可愛らしい姿を楽しめるとっておきの初心者さんにおすすめな秋に植える花苗をご紹介します。

ガーデニングで秋におすすめなのは?

この時期、9月~10月中旬ぐらいにガーデニングでおすすめするのが、パンジーやビオラ、葉牡丹やガーデンシクラメン、ポインセチアなど寒さに強いものや、アネモネやアリッサムなど冬に楽しめるものから、来年の春に楽しめるものなどなんですが、そのなかでも、人気が高いのが「バラ」で、秋苗として出回り、四季咲きとして人気の高い植物でもあります。

ガーデニングで初心者でも育てやすいのは何?

今回、ガーデニングの初心者さんにおすすめしたい秋の花苗はミニバラの「グリーンアイス」です。

「えっ!薔薇ですか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね?^^

バラは初心者さんには、育てるには敷居が高いイメージですので^^;でも、大丈夫です^^

スポンサードリンク

この【グリーンアイス】は初心者さんや、手軽に薔薇を育てたいと思われる方にとっては非常に育てやすいんですよ。

①病気になりにくい
②害虫が付きにくい
③四季咲きなので、年に3~4回程度、開花を楽しる
④季節によって咲き方が違うので見ていて飽きない

四季咲きとは、花が咲いた後に伐り(きり)戻すと、次に伸びる枝に花をつけて、次から次へ(春から秋まで地域によっては冬まで咲くところも)開花を繰り返す性質のある植物です。

このグリーンアイスは、春~夏にかけては花の色がグリーンがかった白色が楽しめ、秋~冬の寒い季節になると花の先がピンク色になってきて、色んな姿を見せてくれるので、育てながらも変化を楽しめておすすめなんです。

育てるポイントは?

地植えでも育てることが出来ますが、おすすめは鉢植えです。手軽に育てることができるので、ベランダなど場所に制限があっても育てることが出来るのがいいですね。

水やりは、基本的に乾かし気味に、植えた後の鉢の重さを覚えておいて、軽くなったと感じた頃にたっぷり水を与えてください。

花が咲いたら、早めに伐ってしまい、花が枯れるまで置いておかないようにしましょう。

そして、何年も花を咲かせたい場合は、冬と夏は伐り戻しをしましょう。

切り戻しの目安は、夏は半分位に切り、冬は思い切って短く伐り戻し(1/3~1/4を目途に)、付いている花や葉っぱを全部採ってしまいましょう。

「えっ!もったいない…」と思われがちですが、こうすれば春にきれいな葉っぱや花をつけてくれます。

グリーンアイスはバラ科なので、茎に棘(とげ)があります。基本的にミニバラの棘は処理してませんので、手入れをするときは、手袋などを着用して、怪我などしないように注意してくださいね

苗を選ぶポイントは?

最近ではホームセンターでも購入できますが、出来れば園芸専門店やショップなどで買い求めた方が良いでしょう。
※根がしっかりしているものが多いので。

選ぶポイントは、葉の色が鮮やかで、茎もしっかりしている苗を選びましょう。

まとめ

一般的に難しいと思われている薔薇ですが、今回紹介したグリーンアイスのように初心者にも育てやすい種類もありますので、是非挑戦てみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す