観葉植物の元気がない原因は?元気にする方法とは?

観葉植物元気がない
「この間まで元気だったんだけど、急に葉の色が悪くなり、全体的に元気がなくなって・・・。」

観葉植物が急に元気がなくなってしまうと、どうしたらいいのか分からないものです。

観葉植物と言っても、種類によって環境の好みの違いがあるので、一概には言えませんが、観葉植物が元気がなくなる代表的な原因についてご紹介します。

また、その原因を消去法で無くしていくことで、元気にする手掛かりにもなりやすいのでご参考にされてみてくださいね。

スポンサードリンク

観葉植物の元気がない原因は?

観葉植物は、低温に弱く、直射日光が当たらない環境でも育つため、室内での栽培に適しており、特別な世話がいらないものが多いのが特徴です。

自生地としては、熱帯、亜熱帯などが中心ですが、現在では世界中から色んな種類が入ってきており、種類も豊富になっています。

観葉植物に限らず、植物は言葉を発することはありませんが、その植物自身の姿で現在の状態や不都合などを伝えてくれるものです。

日頃から植物の状態をよく観察し、植物が発するサインを見逃さないようにすることはとても大切なことです。

良い環境で適した管理ができているものは、すくすくと元気な姿を見せてくれますし、そうでないものは、元気がなく、徐々に異変が目立ってきます。

日光不足

観葉植物は、直射日光が当たらない環境でも育つものが多いですが、植物を育てるには、日光は欠かせません。

日光不足になると、植物にとって大切な光合成ができず、最終的には枯れてしまいます。

葉やけ

日光は大切ですが、直射日光などに当てすぎると「葉やけ」を起こすものもあります。

葉やけは人間で言うと、日焼けを起こしている状態です。その状態を放置すれば、葉が変色し最終的には枯れてしまいます。

水の管理

観葉植物が元気がなくなる一番の原因として、この「水の管理」が挙げられます。

植物にとって、日光と同様に大切なのが「水」です。水をやり過ぎれば、根腐れを起こしてしまいますし、逆にやらない場合は、干からびてしまいます。

簡単なようで一番難しいのがこの「水の管理」かもしれません。

温度管理

観葉植物の多くは、熱帯や亜熱帯を出身とするものですので、一般的に、15度以上の気温で元気に育ち、10度を下回ると元気がなくなります。

季節が変わってから元気がなくなった場合や、置き場所を変えて以前と変化した場合などには注意が必要です。

風通しが悪い

室内で管理している場合、閉めきった部屋で空気の流れが滞留しているような環境は植物にとって良い環境とは言えません。

日光もよく当たり、水やりや温度管理も適切な場合には、この風通しが出来ているかを確認してみましょう。

風通しを良くすることで、湿気がこもりにくく、熱も逃がしやすくなります。また、病害虫を防ぐ効果もあるので、風通しの良さは重要なポイントです。

肥料のやり過ぎ

初心者の方でよくある勘違いなのですが、元気がない状態の時に、早く回復させようと思って、肥料を与えてしまうのは大きな間違いです。

肥料は、正しい与え方であれば植物を元気にさせる力を持っていますが、間違った与え方をしてしまうと、逆に植物を枯らしてしまう原因となってしまいます。

根づまり・根腐れ

植物は日々生長していて、土の中でも根が栄養分や水分を求めて生長を続けています。でも、鉢の中という限られた大きさの中ですので、ある程度生長すると鉢の中が窮屈になります。

そうなると、栄養分や水分を吸収しにくくなっていき、最終的には枯れてしまいます。

また、水のやり過ぎをはじめ、湿気が多い場所、風通しの悪い場所などの環境などでは、鉢の中の水分が蒸発されず常に湿った状態になり、徐々に根が腐ってしまう「根腐れ」を起こす可能性もあります。

土の中の状態は、普段確認しにくいため、発見が遅くなることも多いため注意が必要です。

スポンサードリンク

観葉植物を元気にする方法とは?

観葉植物の元気がない原因として、上記のようなものが主に挙げられますが、それぞれの主な原因に心当たりがある場合には、それぞれの原因を解消してあげることで、再び元気な姿を見せてくれるようになるので、まずは、現在の管理方法を見直すとともに、今後の管理方法も注意するよう心掛けましょう。

日光不足

日陰などに置かれている場合には、日当たりの良い場所に移動して様子を見ましょう。

急に直射日光に当てると、葉やけなどを起こしてしまいますので、日差しの入るカーテン越しの場所などで様子を見ながら回復を待ちます。

葉やけ

一旦葉やけしてしまったところは元には戻らないので、葉やけした部分ははさみなどでカットしてあげて、新しい葉がでてくるのを待ちます。

水の管理

簡単な管理方法として、カレンダーなどに水を与えた日にチェックを入れておくと、水やりの頻度を確認できますし、やり過ぎ防止にも役立ちます。

また、水を枯らしてしまう場合には、葉の色が悪くなってきたり、ダランと垂れてきたり、葉の色艶が悪くなったりといった、ハッキリとした変化が出てきますので、植物の変化をよく見ることで防止できます。

温度管理

部屋に温度計などを設置し、視覚的に分かるようにするといいですね。おすすめは、温度計と一緒に湿度も表示されるものを設置すれば、湿度管理もできていいでしょう。

また、冷暖房をつける場合には、風が直接観葉植物に当たらないように注意し、床暖房を使用している場合には、鉢の下に段ボールを敷いたり、植木鉢を載せる台などを使用しましょう。
床暖房は植物の根にとってあまりよくないので、床に直接置くようなことは避けるようにしてください。

風通しが悪い

風通しの良い場所に移動してあげたり、壁の近くに置いてある場合などは、定期的に回転させたりして、土の状態をよく観察するようにしましょう。

風通しが悪いと、水の蒸発が遅いため、湿り気を帯びた状態が長くなり、根腐れもしやすくなります。

定期的に動かすとともに、土の状態もチェックしてあげましょう。

また、鉢の下に「ポットフィート」などを敷いたりすると鉢底の風通しが確保できて根腐れ防止にもなりますよ。

ポットフィート
★【楽天市場】ポットフィート ハート65Pピンク(ポットフット)★

肥料のやり過ぎ

植物に肥料をあげるのは、生育期だけにしましょう。まずは、水の管理や環境の問題などを疑い、問題解決を図りましょう。元気がないからと、肥料を必要以上に与えないようにします。

根づまり・根腐れ

1年に一度は、根づまりや根腐れのチェックも兼ねて、植え替えをしましょう。植え替え時期は、種類にもよりますが、観葉植物の多くは春先に行えば問題ないでしょう。

また、根腐れを起こしてしまった場合には、腐った部分の根を切り落とし、植え替えると復活する場合もあるので、一旦鉢から土ごと引き抜いて、様子を確認してみましょう。

全体的に腐っている場合には、残念ながら復活の可能性はほとんどないですが、根の一部分だけが黒くなったりして腐っている状態であれば、その部分を切り落として、植え替えてみて様子を見てみましょう。

まとめ

観葉植物は、読んで字の如く「葉を鑑賞する植物」です。1年を通して緑を楽しませてくれますが、必要最低限の管理は必要不可欠です。

元気がなくなる原因は、上記に挙げた代表的な原因がほとんどの場合が多いので、まずは、植物の管理状態を確認し改善してあげましょう。

植物も生命力が強いので、一時的には元気がないものも、手を掛けてあげることで元気を取り戻して再び元気な姿を見せてくれますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す