肥料は植物になぜ必要?有機肥料と化成肥料の種類とは?

肥料は必要?

植物にとって水は非常に大切ですが、水だけでは植物は元気に育ってくれません。

植物にとって肥料とは、人間で言うところの「食事(栄養)」です。
植物も人間と同じように、水と栄養があって初めてすくすくと育ちます。

今回は、植物にとって肥料は必要?有機肥料と化成肥料の種類についてご紹介します。

スポンサードリンク

肥料は植物に必要?

自然に育っている植物は、雨などの水だけですくすく元気に育っていますが、庭や鉢植えの植物にはなぜ肥料を与えるのでしょう?

自然に育っている植物は、落ち葉や動物の糞、昆虫の死骸などが、自然界の微生物に分解されたものが、植物にとっての栄養となります。

そのサイクルによって、自然界の植物は元気に育ちます。

しかし、庭や鉢植えの植物はどうでしょう?庭や鉢植えに、落ち葉や動物の糞などが落ちていることは少ないのではないでしょうか。

また、野生植物は少しの栄養で育つのに対し、家庭で育てられる植物など、花や実が育ちやすいように品種改良されたおり、栄養分も多く必要とします。

現在の園芸植物のほとんどは品種改良されていますので、人工的に肥料を与えないと生育不良や花や実がつきにくくなってしまいます。

有機肥料の種類とは?

肥料の種類は大きく分けて「有機肥料」「化成肥料」の2つに分けられます。

有機肥料とは…植物や天然素材を原料とした肥料で、微生物の力を借りて分解、発酵させゆっくりと植物に吸収されていきます。
効果がゆっくり持続するので「遅効性肥料」とも呼ばれます。

油かす

植物性油を絞った後に残りかすの肥料です。
ナタネや大豆が一般的で、窒素分が多く含まれています。油かすは発酵しないと植物に吸収されませんが、発酵過程に発生する熱やガスは植物の根には有害なため、根に直接触れないように注意が必要です。

発行油かす

油かすをあらかじめ発酵させた肥料です。
市販されているものは、油かす以外に骨粉や魚かす、米ぬかなどを混ぜてあり、植物に吸収されやすい状態になっているので「速効性肥料」として使えます。

※発酵油かすには、発酵菌を加えただけで発酵しきれていないものなどがあるため、確認が必要です。

骨粉

動物(牛など)の骨を蒸してから粉砕した肥料です。
通常は、骨粉単体で使われることは少なく、油かすなど他の肥料と混ぜ合わせて使用するのが一般的です。
リン酸を多く含んでいます。

乾燥鶏ふん

ニワトリの糞を加熱・乾燥させた肥料です。
家畜の糞は飼育方法によって含まれる成分が異なってくるので、特殊肥料として扱われます。
窒素分は油かすに比べ少ないのですが、リン酸やカリ成分が多く、比較的バランスの良い肥料として使われます。
未発酵のため水分を含むと独特の臭いを出し、発酵熱とガスで根に有害なため、根に直接触れないように注意が必要です。

その他の動物のふん

昔から土壌改良として使われているミミズの糞やコウモリの糞を加工した肥料です。
リン酸を多く含み、窒素分やカリ成分など微量要素も含まれています。

魚かす

魚を乾燥させ粉砕した肥料です。
窒素分とリン酸を多く含んでいますが、カリ成分は含まれていないので、草木灰などと混ぜて使用するのが一般的です。
臭いがきついので、家庭で使うには不向きな面もあります。

草木灰

草木を低温で焼いた肥料です。
腐葉土と違い有機物が燃えつきているためカリ成分の割合が多く含まれています。
アルカリ性なので、大量に使用すると土壌の酸度が変化するので気をつけましょう。

スポンサードリンク

石灰質肥料

貝殻などを乾燥させ粉砕したものや、石灰岩を高温処理、加工した消石灰や苦土石灰などがあります。
主に土壌酸度の調整に使われる肥料です

有機配合肥料

複数の有機肥料を配合し、お互いの長所を生かし、短所を補った配合肥料です。

>>>【楽天市場】有機肥料はコチラから

化成肥料の種類とは?

化成肥料とは…無機物を原料とした化学合成で作られ、三要素を単独で含む「単肥」といい、単肥を数種類配合し液体のものや成形したものがあり、成分比や大きさ、形は様々な種類があります。
効果は種類によって異なり「速効性化成肥料」や「緩効性化成肥料」などと呼ばれます。

単肥の利点と問題点
利点は、植物の生育期、花芽分化期、結実期などの生育過程によって、特定の養分を必要とする場合があります。より充実した植物に育てる時に使います。
問題点は、単肥は肥料成分の含有量が多いため、多く与えすぎると肥料障害が起こり易いので気をつけなければなりません。

固形タイプ

化成肥料は基本的に速効性で水に溶けやすいのですが、様々な加工をすることにより緩効性のものも出てきています。

速効性化成肥料

数種類の単肥を配合し粒状にしたものが一般的です。物によって低濃度から高濃度まで市販されており、高濃度の場合は、使用量を間違えると肥料障害が起こるので気をつけましょう。

緩効性化成肥料

化成肥料を徐々に溶けるように加工した肥料です。
小さいものは、土に混ぜて使用し、大きいものは置き肥にして使用します。
肥料効果は数カ月から数年のものまでありますので、植物によって使い分けましょう。

マグァンプ
>>>★化成肥料 緩効性 マグァンプKはコチラから★

液体タイプ

そのまま使用するものと希釈が必要なものがあります。
固形タイプの「速効性化成肥料」」よりも速く効くため、追肥として使われることがほとんどです。

また、肥料効果は固形に比べ非常に短いため、定期的に植物に与えることが必要です。

その他のタイプ

スプレータイプ

葉から養分を吸収させるための葉面散布用の肥料です。
根が弱って正常に肥料を吸収できない場合や、観葉植物など葉色が悪い場合などに使用すると効果的です。

スティックタイプ

鉢やプランターなどに差込むタイプの肥料です。
効果は一定期間持続し、有機肥料を含んだものも市販されています。
ハンギングや寄せ植えなどに使用すると長期間バランスの良い生育が期待できます。

薬剤入り肥料

肥料と薬剤を混合した肥料です。
一回の使用で両方の効果が期待できる製品で、殺虫剤入りと除草剤入りの製品が市販されています。
殺虫剤入りの肥料は主にアブラムシを対象としており1~2か月程度効果を発揮します。

小児やペットが誤って口に入れないように注意が必要です。

>>>【楽天市場】化成肥料はコチラから

まとめ

植物を元気にすくすく育てるには、植物や生育過程にあった肥料を与えてあげることが必要です。

また、一般的に有機肥料が良いとされていますが、有機肥料と化成肥料の差はほとんどなく、化成肥料の方がバランスよく栄養分が含まれていますので植物にとっては効果的です。

スポンサードリンク

コメントを残す